JOURNAL

art-en

“Taisei Hokan 150th anniversary ART AQUARIUM CASTLE ~Kyoto, the Dance of Kingyo~”

“Taisei Hokan 150th anniversary ART AQUARIUM CASTLE ~Kyoto, the Dance of Kingyo~”
2017/11/05

“Taisei Hokan 150th anniversary ART AQUARIUM CASTLE ~Kyoto, the Dance of Kingyo~” Today marks our grand opening! Let’s have a round of applause! The former imperial villa, Nijo-jo Castle is hosting the “Art Aquarium Castle”, after a two year break, to commemorate ‘the 150th anniversari of the Restoration of Imperial Rule (Taisei Hokan)’ – welcoming its guests in style, on a never before seen scale! Brand new works are on display for this special occasion! We’ll be open nonstop between Wednesday 25th October, and Monday 11th December 2017. We look forward to your visit!   Taisei Hokan 150th anniversary ART AQUARIUM CASTLE ~Kyoto, the Dance of Kingyo~ Period: October 25, 2017 (wed) – December 11 (mon) / Open throughout the period Time: 5:00 PM – 10:00 PM (last admission 9:30 PM) Venue: Nijo-jo Castle (Ninomaru Palace Garden, Garden in front of Kitchen, Kitchen) http://artaquarium.jp/en/kyoto2017/

Cat: Blog, Blog,
Tag: kyoto, art,

KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.

KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.
2016/04/01

さて、今年もこの季節がやってきました。   KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.   4月22日から5月22日までの1ヶ月間開催され、国内外の作家の貴重な写真作品や写真コレクションが、京都中心部の歴史的建造物やモダンな近現代建築に展示されます。 Bijuuは、有り難いことに第2回から展示会場の1つとなっています。   2014 : 関係者向けopening party & B1F Bijuu Gallery にて“Discoveries by agnès b” KYOTOGRAPHIE 2014 opening party & Discoveries by agnès b.   2015 : B1F Bijuu Gallery にてBaudouin Mouanda  “The Sapeurs of Bacongo” KYOTOGRAPHIE 2015 : Baudouin Mouanda “The Sapeurs of Bacongo”   そして、今年は K-NARF  “BRICOLAGE PHOTOGRAPHY”の展示を開催します。   APE-O-GRAPHICCONTRAPTION, 2015 © K-NARF   PhotographerというよりPhotograph Makerとして知られるアーティストK-NARFは、身近にあるシンプルな道具と様々な素材で写真装置を作り、アマチュアのような遊び心あふれる作品を発表している。作品制作を通じ、DIYでありきたりなものとしての現代美術 “Arte Povera(貧しい芸術)”を知らしめる活動を続けている。 引用 : KYOTOGRAPHIE website   会期中はアーティストK-NARFが毎日在廊し、制作現場を垣間みる事ができるそう。お子様も参加できるWORKSHOPも企画しているそうなので、ご家族でもお楽しみ頂けるかと思います。 ご来場お待ちしております。   *   〒600-8019京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町194   B1F Bijuu Gallery 会期 : 4/23 – 5/8  (*KYOTOGRAPHIEと会期が異なりますので、ご注意下さい) OPEN:12:00–18:00 CLOSED:無休 無料

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,

山下郁夫写真展 Morocco Suisse Paris @ B1F Bijuu Gallery

山下郁夫写真展 Morocco Suisse Paris @ B1F Bijuu Gallery
2016/03/18

Bijuu Galleryで行なわれる写真展のお知らせを。   【 山下郁夫写真展 Morocco Suisse Paris 】 2016年 3月30日(水)〜4月11日(月)10:00-18:00 @Bijuu Gellry    京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町 194 地下1階     京都からパリに渡って30余年。 写真家・山下郁夫さんは、パリの街と、そこに住む人を撮り続けてきました。 今回の初の個展では、モロッコ、スイス、パリの作品の中から約40点をセレクトして展示します。     この三都は、20世紀最後の巨匠と称えられた画家バルテュスの夫人、節子・クロソフスカ・ド・ローラさんの撮影で巡った思い出の地。 今回、うめだ阪急で開催される「ド・ローラ・節子の和のある暮らし展 ~バルテュス夫人、スイス グラン・シャレで活きる日々~」に合わせて、節子さんの写真も何点か出展されます。    「80年代から女性誌やコマーシャルの撮影で、本当にすばらしい風景、物、人に巡りあえました。一方で、若くして日本を出たので日本文化、日本の風景などを知らない自分がいます。いまだからこそ、日本と向き合いたいと思い、一時帰国して京都の伝統工芸の職人さんなどを撮影し始めています。そういう意味で、今までの自分を知っていただく最初の個展開催の地を京都にしました」と、山下さん。   この展示に先駆けて行なったトークイベントは、彼のあたたかな人柄と愉しいお話に魅了されて大盛況に終わりました。 イベントの様子はこちら >>>   美しい風景、人々の普段の暮らし…人間愛、自然愛に溢れた作品をお楽しみ下さい。   【 山下郁夫写真展 Morocco Suisse Paris 】 2016年 3月30日(水)〜4月11日(月)10:00-18:00 @Bijuu Gellry    京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町 194 地下1階 ◎本展に関するお問い合わせ QOL文化総合研究所    担当 澤 602-8298 京都市上京区泰童町288 2F TEL : 075-414-1212   MP : 090-2110-2590  FAX : 050-3383-1385   *【 山下郁夫写真展 Morocco Suisse Paris 】は以下の催しと同時開催になります   【ド・ローラ・節子の和のある暮らし展】 ~バルテュス夫人、スイス グラン・シャレで活きる日々~ 2016年 3月30日(水)〜4月11日(月) @ 9階 阪急うめだギャラリー ◎主催:NHKプラネット近畿、朝日新聞社、阪急うめだ本店

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,

KYOTOGRAPHIE international photography festival.

KYOTOGRAPHIE international photography festival.
2016/03/14

さて、今年もこの季節がやってきました。 KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th editionが4月22日から5月22日までの1ヶ月間開催され、国内外の作家の貴重な写真作品や写真コレクションが、歴史的建造物やモダンな近現代建築に展示されます。 Bijuuは、有り難いことに第2回KYOTOGRAPHIEから展示会場の1つとなっています。   2014 : 関係者向けopening party & B1F Bijuu Gallery にて”Discoveries by agnès b” KYOTOGRAPHIE 2014 opening party & Discoveries by agnès b.   2015 : B1F Bijuu Gallery にてBaudouin Mouanda  “The Sapeurs of Bacongo” KYOTOGRAPHIE 2015 : Baudouin Mouanda “The Sapeurs of Bacongo” そして、今年は K-NARF  “BRICOLAGE PHOTOGRAPHY” PhotographerというよりPhotograph Makerとして知られるアーティストK-NARFは、身近にあるシンプルな道具と様々な素材で写真装置を作り、アマチュアのような遊び心あふれる作品を発表している。作品制作を通じ、DIYでありきたりなものとしての現代美術 “Arte Povera(貧しい芸術)”を知らしめる活動を続けている。           OPEN:12:00–18:00(会期は4/23–5/8) CLOSED:無休

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,

SŌLI× Bijuu

SŌLI× Bijuu
2015/10/01

501 Suite roomは、石、レンガ、木、モルタル、、、さまざまな素材を使っています。 自然な素材感を大切にして、経年変化も1つの味という考えのため、あえて素材にほとんど加工を加えていません。たくさんの表情がBijuu suite roomの魅力でもあります。   その表情を活かして、シューティングスペース利用のご要望も受け付けています。   先日Bijuu suite roomで、シューティングを行なっていただたいたのはSŌLI(ソウリ)さん。 丁寧な職人仕事、シンプルで飽きがこないデザイン、高品質な素材が特徴で、2013年にデビューとともに口コミでひろまり、瞬く間に人気ブランドとなりました。     今季SŌLIのWEBSITEのテーマは「SŌLIがコンシェルジュとして提案するKYOTO」。 お薦めの多ジャンルに渡るさまざまなスポットで撮影をおこなったそう。 Bijuuも、そのうちの1つに選んでいただきました。 ありがとうございます。     今までONLINE SHOP、不定期で行なわれるPOP UPでのみの販売でしたが、この秋オープンする青山のセレクトショップでの取り扱いも始まるそう。 ますます目がはなせない、SŌLIのWEBSITEはこちらから >>>>SŌLI WEBSITE   明日までですが、大阪・阪急men’s館 3F THE LOBBYまでPOP UP SHOPを開催中。 お近くの方は是非!! ALL PHOTO by YUNA YAGI   *   Bijuu は、撮影場所としてご利用いただくことも可能です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。 info@bijuu.jp / 075-353-0802 (10:00 – 19:00) *ご利用料金は宿泊料金と異なります *利用規約のご同意が必要です   *内容によってはお断りさせて頂く場合も御座いますので、ご了承下さいませ

Cat: Blog,
Tag: art,

Tales like these

Tales like these
2015/06/09

いよいよ梅雨が始まりましたね。 今日は降ったり、止んだり不安定なお天気です。   さて、北欧からまるでBijuuで過ごしたような気分になれる(?!)、レビューがとどきました。   Tales Like These   Google出身の北欧のカップルが5月に立ち上げたtravel guideサイトです。 本格的な始動はこれからだそうですが、もうすでに結構な数の読者がいるそう。 たくさんの方にBijuuを知って頂ける機会!有り難いです。   4月末にBijuuにステイしていただいた際のレビューがこちら>>>> Bijuuでの一瞬一瞬をとらえた写真とともに丁寧に紹介してくれています。     そういえば、女性カメラマンにとってもらったのは初めてですね。やわらかくてあたたかな写真。     たくさん写真をいただいたので、今後何回かに分けてお部屋の説明と共に紹介していこうと思います。是非お楽しみに!   本当に丁寧に、真摯に取材をしていただきました。なので、彼らの他のレビューも信頼度が高いかと。 なにより、笑顔が素敵なカップルでした。ありがとう、Elin & Oliver!!   ますますコンテンツは充実していくそう。楽しみですー! Tales Like These、これから旅の計画をたてる際には参考にしたいサイトです。   All photos : Elin Johnsson Echávarry for photos and Oliver Adan Nyrop-Larsen as the model

Cat: Blog,
Tag: flower, art,

祭のあとの、宴のお知らせ。

祭のあとの、宴のお知らせ。
2015/05/11

新緑がきれいな京都です。 最近はぐんぐんと気温があがり、気持ちのいい快晴が続いています。   さて、昨日Bijuu Galleryで催されていたKYOTOGRAPHIE の展示が終わりました。 コンゴの伊達男・サプール、大変興味深い題材でした。 アーティスト・ボードワンさんのインタビュー記事がWWDさんで紹介されています。 是非御覧になってください。   3週間は“あっっ”と言う間。 たくさんの方にご来場頂き、ビルはいつにも増して賑やかでした。 お越し頂きました皆様、KYOTOGRAPHIEの皆様本当に有り難うございました。     こういう機会があることで、Bijuu Galleryが多くの人に知って頂けるのはありがたいこと。 今後一層このスペースを活用していきたいと思います。 また今回のようにレンタルスペースとして多種多様な使い方をしていただけますので、 アーティストの方、キュレーターの方、企業の方、ご興味あれば是非お気軽にお問合せ下さいませ。   ———————————————————————————————————————————–   さて、KYOTOGRAPHIE、PARASOPHIAという大型フェスティバルが昨日終了しちょっと活気が収まりつつありますが、今週末は京都三大祭りの1つ、葵祭。 京都には年間大小あわせて300を越す祭があるのですが、古来から京都で祭といえば葵祭を指していたとも言われるくらい歴史が長い葵祭。 始まったのはなんと古墳時代後期!さすが、歴史の街・京都。 今年もたくさんの人で賑わうのではないでしょうか。   そんな長い歴史の祭の話のあとに、去年から始まった新しい宴の話を少し。 5月30,31日に太秦映画村で2回目となる太秦江戸酒場が開催されます。     こちらは、琳派400年を記念して江戸気分を味わいながらお酒や料理、さまざまな文化的催しを楽しむことができる、二夜限定のイベント。 昨年秋初めて開催された際は、限定1200枚のチケットが完売という伝説のイベントになりました。   江戸酒場の名の通りお酒やお料理を楽しめることは間違いないのですが、 個人的に思うこのイベントの大きな魅力は、敷居を高く感じてしまいがちな伝統文化に気軽に触れる事ができ、それらを継承する人たちと直接お酒を交えてフランクに話ができるところ。 文化を伝える側と聞く側の距離が近い貴重な機会、葵祭のように長く続いてほしいものです。   先ほどお聞きしたところ、チケットはまだ間に合うそう。 ご興味有る方は是非!   太秦江戸酒場  新緑の陣 日時: 5/30(土)・5/31(日) 19:00~21:30 場所: 東映太秦映画村 〒616-8161 京都府京都市右京区太秦東蜂岡町10 チケット: 各日5,000円(飲食別) 定員 :各日700名様限定 購入方法: 公式ウェブサイトでオンライン決済   こちらまで

Cat: Blog,
Tag: kyoto, gallery, art,

KYOTOGRAPHIE START!!

KYOTOGRAPHIE START!!
2015/04/19

昨日は、とっても気持ちのいい快晴! まさに春の京都を感じる一日でした。     さて、昨日から第3回「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」が始まりました。 15ヵ所の会場の1つに、昨年につづき今年も地下1階 Bijuu Galleryを選んでいただくことに。   展示は、「コンゴの紳士たち、「サプール」の美学」。 あのポール・スミスもコレクションに反映させたというコンゴの紳士たち、サプール。 最近は日本のテレビでも特集をくまれるなど、注目をあびています。   ボードワン・ムアンダ[バコンゴのファッショニスタ「サプール」]2008 © Baudouin Mouanda  KYOTOGRAPHIE 公式HPより   貧困問題と内戦という厳しい社会背景の中、独自の美学をもってエレガントに生きる彼らはまさに非暴力・平和の体現者。 本邦初公開ですので、この機会にぜひ。   「コンゴの紳士たち、「サプール」の美学」@Bijuu Gallery *映像作品のみの展示 OPEN:11:00-20:00(5/10のみ19:00まで) CLOSED:4/22(水) 会場個別入場料:一般、学生(大学・高校・専門生)どちらも 500円   ———————————————————————————————————–     その他にも魅力的な展示が盛りだくさんのKYOTOGRAPHIE 2015。 20時までの会場も多いので、お仕事帰りに寄るのもオススメ。   KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2015 伝統的京町屋、寺社、ギャラリー、ショップなど多様な会場15カ所を舞台に、国内外のフォトグラファーによる作品を約3週間にわたり展示。展示会場をまわりながら、京都観光をすることもでき世界中から来場者がくる。2013 年より、今回で 3 回目を迎えた。 会期|4月18日(土)~5月10日(日) チケット|パスポート 一般 2500円、学生(大学・高校・専門生) 1500円 ※各有料会場にて販売、会期中全会場を各一回のみ入場可能  

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,

KYOTOGRAPHIE PARTY @ Murakamijyu Buildings

KYOTOGRAPHIE PARTY @ Murakamijyu Buildings
2014/09/16

少し前になりますが、第2回 KYOTOGRAPHIEのopening partyの様子を。 B1F Bijuu Galleryは“Discoveries by agnès b”の展示を一足先にお披露目、2F kilnはテーマにあわせたお食事をご用意し、5F Bijuu suiteroomは鈴木理策さんの作品を展示しながら特別オープン仕様にして、関係者様をお迎えいたしました。   B1Fの様子。   2F kilnの様子。     5F Bijuu suite room の様子。   internationalなKYOTOGRAPHIEさんのパーティーという事で、海外からのお客様も多くとても華やかなパーティーとなりました。 このようにビル全体を使ったパーティーも受け付けております。ご要望があれば、オーガナイズもさせていただきます。お問合せはこちらまで。 info@bijuu.jp / 0753530802 お越し頂きました皆様、KYOTOGRAPHIEの皆様、ありがとうございました!

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,