JOURNAL

平成30年新春展 「茶の湯釜とその周辺 -裏千家歴代の好み物を中心に-」

【会    期】平成30年1月7日(日) ― 3月4日(日)
【開館時間】午前9時30分~午後4時30分
(入館と呈茶は午後4時まで)
【休 館 日】月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館)、2月13日(火)
【入 館 料】一般700円、大学生400円、中高生300円
20名以上団体割引

小学生以下及びメンバーシップ校の方は無料

http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/tenjinext/tenji.html

(入館者には呈茶を行っています ※無料)

【会      場】茶道資料館

webサイト:http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/

アクセス:〒602-0073 京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682 裏千家センター内

電話番号:075-431-6474

開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
休館日等:月曜日休み(ただし、祝日の場合開館)

【内    容】
  鎌倉中期成立とされる『ちりぶくろ』という書物に「此ノ国ニカマヲバ湯ワカスウツハモノトス」と記されているように、釜は湯を沸かすための器物です。茶会を催すことを「釜をかける」ともいいますが、湯を沸かすという実用的な機能を担う釜は、茶の湯に必要不可欠な茶道具といえるでしょう。
本展では、特に裏千家今日庵の歴代家元が好んだ釜を中心に、釜を使用する上で欠かすことのできない風炉ふろや炉縁、炭道具なども紹介します。また、千家の祖である利休居士の出生地・堺より出土した炉壇ろだん風炉ぶろ、灰さじなどの考古資料も併せて展示します。