JOURNAL

Mederu CARAVAN 2017,11/3~5

Mederu CARAVAN 2017,11/3~5
2017/10/16

Bijuu love to announce that we are holding an invent for jewelry maker, Mederu at space B.,2017/11/3~5 ’17 winter event mederu CARAVAN 巡ります KYOTO/SAPPORO/NAGOYA/FUKUOKA 作って伝えて、あなたの街へ。この冬もメデルのCARAVANが巡ります。 物作りを通して出会った素敵な人や街を繋ぎながら、日本の各地を旅する展示受注会〈mederu CARAVAN〉。この冬は、京都・札幌・名古屋・福岡の4都市へおじゃまします。 当日足を運ぶのは、本社アトリエのスタッフたち。今回の物作りにおける気づきや出会いのエピソードを、新しいアイテムたちとともに、皆様にもお伝えできたらと思っています。Xmasや年末にぴったりの大切な出会いをお届けできたら嬉しいです。 どうぞ皆さま、お気軽に遊びにいらしてください。たくさんのご来場お待ちしております。 http://www.mederu-jewelry.co.jp/products1/contents_type_1.php?product_id=2690

Cat:
Tag: space b,

Autumn full moon

Autumn full moon
2017/09/13

There is an old custom of celebrating the full moon on the fifteenth day of the eighth month on the traditional Japanese calendar. It’s a very poetic and elegant practice, with people placing ornaments and offerings next to windows, on verandas, and in other places where one can see the moon. Vases are filled with pampas grass and autumnal herbs, and seasonal foods like dumplings, pears, persimmons, and grapes are placed on dishes. Autumn consisted of the seventh, eighth, and ninth months of the year on the old Japanese calendar. The full moon in the middle autumnal month, called chushu no meigetsu, was considered particularly beautiful, as the air became crisper and the heat of summer subsided. The traditional Japanese calendar and the modern one used by countries around the world today are off by about a month. Thus chushu no meigetsu usually falls on September 12. The full moon, though, will actually appear on September 14; it’s not unusual ...more

Cat: Blog, Blog,
Tag: kyoto,

OKURIBI

OKURIBI
2017/08/03

The Daimonji Gozan Okuribi (Daimonji Bonfire) is an event held on the evening of August 16th, when gigantic Chinese characters and other motifs are depicted by fires lit to illuminate the surroundings for patrolling on the slopes of the mountains surrounding the Kyoto Basin. It is a famous for evoking the image of a Kyoto summer. Although there are several interpretations as to the origins of this event, it is generally regarded as a fire set alight at the gate for seeing off the souls of ancestors after commemorating the welcoming of their souls. The character of “dai” (meaning “large”) on the Nyoigatake peak, and those of “myo” and “ho”which make up the word “Myo-ho” (wondrous teaching of Buddha) on Matsugasaki Nishiyama and Higashiyama mountains are famous. In addition to these three places, fires are simultaneously set to the character “dai” called near Kinkakuji temple, as well as to a ship-like funagata on the Nishigamo Funeyama, and a toriigata motif ...more

Cat: Blog, Blog,
Tag: kyoto,

GION FESTIVAL

GION FESTIVAL
2017/07/04

The Gion Festival is an annual event dedicated to the deity of Yasaka shrine. Throughout its history,Kyoto has suffered many times from all kinds of catastrophic events including epidemics, floods,fires,and earthquakes.To keep the bad omens at bay and the good spirits strong and content,special protective or goryo-e festivals have been held here since ancient times. With its origin dating back to 869,in the early Heian period(794-1185),the Gion Festival is one Japan’s oldest goryo-e.After a series of devastating plagues,the reigning emperor desperately decreed for special prayers to be offered at Yasaka Shrine,one of Kyoto’s oldest and most important goryo-e shrines. The festival became an annual event starting around 970 and,except for brief interruptions,has continued every since.Though the event began as a religious purification ritual,by the end of the Kamakura period(1185-1333) it had also become a way for craft guilds and merchant families to compete in showing off their wealth and tastefulness.Large floats,musicians,dances,comic plays,and artistic treasures were all part of the celebrations ...more

Cat: Blog, Blog,
Tag: kyoto,

Open special price for 302 Standard room

Open special price for 302 Standard room
2016/05/12

  新緑が小雨に濡れていたこの数日が嘘のように、今日はカラッと晴天です。   さて、本日5月12日、302 Standard Roomがオープンいたしました。 39m2とBijuuの中では一番コンパクトなお部屋です。 ベッドは、安定のシモンズのセミダブルベッド。 バスタブはありませんが、広めのシャワールームをご用意しました。シャンプー類はPhilip Bで。 BARCAROLLEのゆったりとしたソファで、ご自宅で過ごすかのような快適なステイを。 そして、kilnの豆でお目覚めのコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。 広々とした備え付けのデスクもご用意いたしましたので、ビジネス利用にも適しています。   日頃の感謝の気持ちも込めて、9月末まで特別価格でご提供させていただきます。 43,000-63,000円(税抜) →  35,000-45,000円(税抜) 是非この機会にご利用くださいませ。   *朝食は含まれておりません *こちらのお部屋の定員は大人2名様までです。 (添い寝のできる12歳以下のお子様は2名様まで無料でご利用頂けます。ただし朝食は付いておりません)    

Cat: Blog,
Tag: standard,

New room 302 standard room OPEN

New room 302 standard room OPEN
2016/05/17

  新客室オープンに伴い、Bijuu全体もほんの少しリニューアル。 新しいプランやメニューをご用意するとともに、より快適に過ごしていただけるように規定も少し改めさせて頂きました。ご一読いただければ幸いです。   ◎連泊&長期滞在プランで、京都に暮らすように泊まる   Bijuuがあるのは、街の中心部。 京都一番の繁華街・河原町から徒歩1分、周りには先斗町など飲食店が軒を連ねる小路があり、祇園まで5分、八坂神社や建仁寺といった歴史的建造物も徒歩10分以内と好立地です。 そんな立地も関係してか「暮らすように過ごしたい」とのお声も多く、年々連泊されるお客様が増えてきました。 そんなお声を反映して、連泊&長期滞在プランを見直し、3泊以上のお客様からよりお得に宿泊できるスペシャルプライスをご用意いたしました。 是非ご利用くださいませ。 * こちらは公式ウェブサイトのみの適用となります。     ◎早めのご予約でさらにお得に   お早めにご予約していただくケースが増えてきました。 そこで、60日以上前にご予約していただいた方へスペシャルプライスをご用意。 ただ、こちらは残念ながらキャンセルは不可、ご返金はできません。 絶対予定はかわらない!という方、是非ご利用くださいませ。 * こちらは公式ウェブサイトのみの適用となります。     ◎お子様のご宿泊   501 : 安全面より、12歳以下のお子様のご宿泊はご遠慮いただいております。 501はデザインを楽しんでいただく事を優先的に考えた結果、段差や角の多いお部屋になっています。安全面を配慮いたしまして、このような決断をいたしております。大変心苦しいですが、12歳以下のお子様のご宿泊はご遠慮頂いております事、何卒ご了承下さいませ。   301 & 302 : 12歳以下のお子様は、ベッド一台につきお一人様まで添い寝でご利用頂く場合、ご宿泊は無料です。 朝食はついておりませんが、別途1,800円で追加する事が可能です。     ◎朝食リニューアル   これまでのお客様のお声を聞いて、基本は洋朝食とすることにいたしました。フレッシュでたっぷりのフルーツ&ヨーグルト、焼きたてのパンなど、シンプルながらも質のよいコンチネンタルスタイルの朝食をご用意させて頂きます。 また、ご希望の方は+1,000円で洋食を和食に変更することができます。以前と同じ村上重のお漬物の盛り合わせ、お釜で炊いた炊きたてご飯を中心に、お惣菜等を増やし少し豪華になる予定です。こちらも合わせてご利用下さいませ。   ◎Bijuu Suite room のお値段は一律に   5/12以降のご予約から、501 Suite room はシーズンを通して一律1室 93,000円(税別)となります。 * 5/12以前にご予約のお客様は、ご予約時にお知らせしたお値段でご案内いたします。     新生Bijuuもどうぞよろしくお願い申し上げます。

Cat: Blog,

KYOTOGRAPHIE Associated Program / K-NARF @ Bijuu Gallery

KYOTOGRAPHIE Associated Program / K-NARF @ Bijuu Gallery
2016/05/02

新緑の美しい季節になりました。 ゴールデンウィークは皆様どのようにお過ごしでしょうか。   さて、Bijuu gallery では5/8までKYOTOGRAPHIEアソシエイトプログラムとして、アーティストK-NARFの展示が行なわれております。     彼は、東急ハンズや100円ショップなどで手に入る日用品や事務用品をつかって作品を創作しているアーティスト。 一度は見たことのある材料で形作られた新しい世界は、なんとも不思議な魅力があります。       さて、昨日は子供向けワークショップが開催されました。 初めて目にする道具やテクニックに、皆目をまるくして夢中になっていました。       楽しくて、夢いっぱいの展示は8日まで。 お時間有る方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。   *   〒600-8019京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町194   B1F Bijuu Gallery 会期 : 4/23 – 5/8  (*KYOTOGRAPHIEと会期が異なりますので、ご注意下さい) OPEN:12:00–18:00 CLOSED:無休 無料  

Cat: Blog,
Tag: gallery,

New room 302 Standard room OPEN !!

New room 302 Standard room OPEN !!
2016/04/13

2013年に501 Suite room 1室でスタートしたBijuu。 2014年に301 Deluxe room が誕生し、全2室に。   そして、2年ぶりに新客室 302 Standard roomが2016年5月12日に誕生します。   40㎡弱の使い勝手のいいサイズで、快適なお部屋を目指しました。 ゆったりとしたソファでご自宅のように快適なお時間を。 作り付けの広々としたデスクもありますので、ビジネス使いにもお薦めです。 ベッドはシモンズ、リネン類はSocietyや今治をご用意いたしております。 301同様、木材をたくさん使った暖かみのあるお部屋です。 Bijuuの中でもっとも、桜がきれいに見えるお部屋です。   京都にいらした際には、是非ご利用くださいませ。 来週から、ご予約受付を開始とともに、お部屋の雰囲気も少しずつご紹介させて頂きます。 新客室もどうぞよろしくお願い申し上げます。       Room name : 302 Standard room Room size : 39㎡ Price : 43,000 JPY – 63,000JPY (excluding tax)

Cat: Blog,
Tag: standard,

KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.

KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.
2016/04/01

さて、今年もこの季節がやってきました。   KYOTOGRAPHIE international photographie festival 4th edition.   4月22日から5月22日までの1ヶ月間開催され、国内外の作家の貴重な写真作品や写真コレクションが、京都中心部の歴史的建造物やモダンな近現代建築に展示されます。 Bijuuは、有り難いことに第2回から展示会場の1つとなっています。   2014 : 関係者向けopening party & B1F Bijuu Gallery にて“Discoveries by agnès b” KYOTOGRAPHIE 2014 opening party & Discoveries by agnès b.   2015 : B1F Bijuu Gallery にてBaudouin Mouanda  “The Sapeurs of Bacongo” KYOTOGRAPHIE 2015 : Baudouin Mouanda “The Sapeurs of Bacongo”   そして、今年は K-NARF  “BRICOLAGE PHOTOGRAPHY”の展示を開催します。   APE-O-GRAPHICCONTRAPTION, 2015 © K-NARF   PhotographerというよりPhotograph Makerとして知られるアーティストK-NARFは、身近にあるシンプルな道具と様々な素材で写真装置を作り、アマチュアのような遊び心あふれる作品を発表している。作品制作を通じ、DIYでありきたりなものとしての現代美術 “Arte Povera(貧しい芸術)”を知らしめる活動を続けている。 引用 : KYOTOGRAPHIE website   会期中はアーティストK-NARFが毎日在廊し、制作現場を垣間みる事ができるそう。お子様も参加できるWORKSHOPも企画しているそうなので、ご家族でもお楽しみ頂けるかと思います。 ご来場お待ちしております。   *   〒600-8019京都市下京区西木屋町四条下ル船頭町194   B1F Bijuu Gallery 会期 : 4/23 – 5/8  (*KYOTOGRAPHIEと会期が異なりますので、ご注意下さい) OPEN:12:00–18:00 CLOSED:無休 無料

Cat: Blog,
Tag: gallery, art,