JOURNAL

ご利用の前に

ご利用前にお読みください

ご利用前にお読みください
2015/04/08

宿には、国も、言語も、育った環境も、価値観・常識も違う様々な方がいらっしゃいます。 文化の違いは時として大変興味深く、時として困惑する場合も。 私たちとしては、全てのお客様に気持ちよく客室を使っていただきたい。 そのために最低限お守りいただきたいことを事前にお知らせする必要があると感じています。   そこでBijuuからのお願いや、よく頂く質問に対するアンサーをまとめてみました。 Bijuuでの宿泊をお考え頂いているお客様、一度お目を通して頂けますとありがたいです。     客室定員数 / お子様のご利用について 501 スイートルームの定員は大人2名様、エキストラベットのご利用はできません。 また13歳未満のお子様のご利用はご遠慮いただいております。 客室内に段差があり、またエッジのきいた石の角がたくさんあります。 申し訳ございません。でも安全が一番だと思っております。 301 デラックスルームの定員は大人2名様ですが、エキストラベッドの追加で3名様までご利用いただけます。 こちらはお子様のご利用も可能です。     お支払いについて 当施設は事前決済をお願いしています。決済完了を確認出来ましたら予約の確定となります。 キャンセル料発生前のキャンセルをいただいた場合は返金いたします。     キャンセル料について 宿泊日14日前から総宿泊料金の100%を申し受けます。 2室しかない小さな宿なので、直前のキャンセルは死活問題なのでキャンセルについては少し厳しめに設定しています。 どうぞご理解頂きますようお願い申し上げます。     チェックイン・チェックアウト チェックインは午後3時から午後7時の間です。   Bijuuの営業時間は午前9時から午後7時となっております。 その時間外にチェックインをご希望のお客様は事前にご連絡をいただければ幸いです。ご不便をおかけしますがご理解のほどお願いします。 お客様到着予定時間に合わせてお部屋のご準備をして、4階Receptionにてお待ちしております。   チェックアウトは午後12時です。 4階Receptionにてお部屋の鍵をお預かりいたします。 タクシーが必要な方はお気軽にスタッフにお申し付けください。     フロントについて フロント営業時間は午前9時から午後7時です。 緊急時の緊急連絡先はご用意しておりますのでご安心下さい。     客室内備品の持ち帰りについて 基本的に1度で使い切りのものに関しましてはお持ち帰りいただけます。 常備備品の持ち帰りは、次のお客様へのサービス低下につながりますのでどうかご遠慮いただきますようお願い申し上げます。 備品のひとつひとつ、時間をかけて大切に選んでいます。大切なものを持ち帰られてしまうととても悲しくなります。 申し訳ございませんが、ものによっては執念を持って追いかけさせて頂く場合もございます。 どうぞご理解頂きますようお願い申し上げます。     喫煙について 喫煙されるお客様申し訳ございません、客室内は全て禁煙です。 ただ、バルコニーで喫煙できるように椅子と小さなテーブルと灰皿はご用意しております。そちらでどうぞお願いします。     パーティーについて 今までスタッフが出入りの出来るオープンなパーティーはさせていただいておりますが、それ以外のパーティーはお断りしています。まだ対応体制が整っていないからです。 こちらの都合で大変申し訳ございません。今後ご要望にお応え出来るよう努めて参りたいと思います。 どうぞご理解頂きますようお願い申し上げます。     その他禁止事項 – 犬(盲導犬、介助犬は除く)、猫、小鳥その他の愛玩動物・家畜類のお持ち込み – 悪臭、異臭を発生する物のお持ち込み – 発火または引火しやすい火薬や揮発油等危険性のあるもののお持ち込み – 登録者以外のご宿泊 – Bijuuの許可なく客室を宿泊及び飲食以外の目的に使用する行為 – Bijuuの許可なく飲食物のお持ち込み、外部からの出前 – Bijuuの許可なく諸設備、諸物品を他の場所へ移動させる等、現状の変更 – Bijuuの許可なく広告宣伝物の配布、掲示、または、物品の販売勧誘等 – Bijuuの許可なくBijuu内で撮影された写真等を営業上の目的で公にする行為 – Bijuu内で賭博、または風紀を乱すような行為 – Bijuu内で他のお客様にご迷惑を及ぼすような大声、放歌、または、喧騒な行為 – 暴力団、暴力団員、暴力団関係団体及びその関係者 のご利用 – 反社会的団体、反社会的団体員及びその関係者のご利用 – 暴行、傷害、脅迫、恐喝、威圧的不当要求及びこれに類する行為が認められる方のご利用 – 自己喪失などご自身の安全確保が困難であったり、他のお客様に危険や恐怖感、不安感を及ぼす恐れがある方のご利用 – その他の法令で禁止されている行為   損害について 客室内に置かれたアートやデザインプロダクトは全てのお客様に楽しんで頂くために設置しております。当施設および什器備品等を汚損、損傷などで損害が発生した場合は、大変申し訳ございませんがその損害賠償金をご負担いただくこともございます。皆様が楽しめますようご配慮くださいますようお願いいたします。