JOURNAL

2015/04/19
Cat:
Tag:

KYOTOGRAPHIE START!!

昨日は、とっても気持ちのいい快晴!

まさに春の京都を感じる一日でした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

さて、昨日から第3回「KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭」が始まりました。

15ヵ所の会場の1つに、昨年につづき今年も地下1階 Bijuu Galleryを選んでいただくことに。

 

あのポール・スミスもコレクションに反映させたというコンゴの紳士たち、サプール。

最近は日本のテレビでも特集をくまれるなど、注目をあびています。

 

slide18-1

ボードワン・ムアンダ[バコンゴのファッショニスタ「サプール」]2008 © Baudouin Mouanda  KYOTOGRAPHIE 公式HPより

 

貧困問題と内戦という厳しい社会背景の中、独自の美学をもってエレガントに生きる彼らはまさに非暴力・平和の体現者。

本邦初公開ですので、この機会にぜひ。

 

OPEN:11:00-20:00(5/10のみ19:00まで)
CLOSED:4/22(水)

会場個別入場料:一般、学生(大学・高校・専門生)どちらも 500円

 

———————————————————————————————————–

 

 

その他にも魅力的な展示が盛りだくさんのKYOTOGRAPHIE 2015。

20時までの会場も多いので、お仕事帰りに寄るのもオススメ。

 

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2015

伝統的京町屋、寺社、ギャラリー、ショップなど多様な会場15カ所を舞台に、国内外のフォトグラファーによる作品を約3週間にわたり展示。展示会場をまわりながら、京都観光をすることもでき世界中から来場者がくる。2013 年より、今回で 3 回目を迎えた。

会期|4月18日(土)~5月10日(日)
チケット|パスポート 一般 2500円、学生(大学・高校・専門生) 1500円
※各有料会場にて販売、会期中全会場を各一回のみ入場可能