JOURNAL

2015/04/03
Cat:
Tag:

都をどり

Bijuuから徒歩5分 花街・祇園では今、都をどりが開催されています。

春の風物詩として毎年4月1日から1ヶ月間、祇園歌舞練場で雅な舞を鑑賞することができます。

明治2年の東京遷都で衰退した京都の繁栄策として、明治5年、京都博覧会の余興に企画されたのが始まりだとか。

開始早々お勉強しに寄せてもらいました。

 

お茶席付切符を購入すると、演舞の前に芸妓さんがお点前を披露する茶席が楽しめます。

お菓子は虎屋さんの、薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)「春の日和」。

ここでは写真OKですが、入場したらNGです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お茶とお菓子を楽しんだら、いざ開演。

日本舞踊に知識がなくても分かりやすい構成で、誰でも楽しむ事ができます。

今年は琳派400年を記念した演目だそうで、優美な舞を堪能いたしました。

フィナーレの総をどりは圧巻!

京都ならではの風情を感じるひとときでした。

実はFacebookもあって、開催までの準備の様子や当日の空席案内などが紹介されています。

便利な時代になりましたね。

 

余韻に浸りながら帰りの木屋町で。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

南座もきれいでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA